ラクスラ効果を徹底解説

乳酸菌が身体にもたらす効果

ラクスラにも大量に含まれている乳酸菌は、身体にどのような効果をもたらすのでしょうか。

ラクスラを飲むこと以外にも、普段の食事でどのように取り入れるといいのかをまとめてみました。

サプリメントはあくまで栄養のサポートなので、毎日の食事をきちんと見直しておきましょう。

乳酸菌の効果1 風邪・インフルエンザの予防

乳酸菌はイメージの通り、胃の環境を整える効果があります。実は免疫は胃腸の働きがモロに関係してくるので、胃腸の環境が整えるということは免疫力を高めるということに直結しているのです。

また、風邪やインフルエンザだけでなく、アレルギーなどの発症の抑制にも貢献することが言われています。

胃の調子が身体全体に関わっているのですね。

もしもラクスラを飲み続けたことで、スッキリになるばかりでなく健康の維持もできたら最高ですね。

ラクスラ 効果

乳酸菌の効果2 便通の改善

胃腸の環境を整えるということで察しがつくかもしれませんが、便通を促進して便秘の改善にも効果が期待できます。

乳酸菌が腸内のph(ペーハー)濃度を調節して、蠕動運動が起こりやすい状態にしてくれます。乳酸菌が入ることで善玉菌が増えるからなんですね。

ラクスラを飲んで毎日スッキリですという声が寄せられているのは、こういうわけでした。

ラクスラ 効果

乳酸菌の効果3 高血圧予防

少し以外でしょうか?高血圧はすべての病気の根源という声もあるほど気を付けなければならない事項です。

乳酸菌の中に含まれる成分が、タンパク質を分解することによって血圧低下に効果のある成分を作り出すことがわかっています。

これは特定保健用食品でも認められている成分なので期待できそうですね。


乳酸菌の効果4 大腸病予防

大腸がんや大腸ポリープなど、近年増えてきています。

乳酸菌が腸内環境を整えることで、ビフィズス菌という善玉菌が活性化されます。ビフィズス菌が作り出す酸の殺菌作用が強力で、悪玉菌の増加を抑えてくれます。

ラクスラを飲むことで病気まで予防できたら最高ですよね。

乳酸菌を多く含む食品

乳酸菌を食品からとるには何を食べたら良いのでしょう

代表的なものは乳製品ですよね。

チーズ・牛乳・ヨーグルトなどです。そのまま食べたりするのももちろんいいですが、ホットミルクやホットヨーグルトなどにするとなお良いそうです。

実は乳酸菌は、40度付近の温度が一番増殖しやすいと言われているので、少し温めてみるとより良いかもしれません。

ラクスラ 効果

あとは発酵食品です。

キムチ・納豆・漬物などですね。あとは味噌や醤油などにも含まれていますが、ラクスラのように生きたままの乳酸菌というわけにはなかなかいかないようです。

良いものであれば生きたままの乳酸菌がとれるのでしょうが、今は大量生産されているので、強制的に発行されて作られたものも多いというのが影響しているんですね。

ラクスラ 効果

食べるタイミングとしては、ふつうの食事でとれればいいのですが、ヨーグルトなどは食事後に食べた方が効果的です。

胃酸の分泌がある程度落ち着いているときの方が乳酸菌が活躍しやすいですからね。

 

サイトマップ