ラクスラ効果を徹底解説

ラクスラ成分解説(難消化性デキストリン)

ラクスラに含まれる難消化性デキストリン。これは身体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

食事で十分な必要量を摂取することはできているのかなども含めて解説していきたいと思います。


ラクスラの成分の一つである難消化性デキストリンは、実は「特定保健用食品」のひとつでもあるのです。

食物繊維が腸内環境を整えていくことや便秘解消に好影響を与えることは様々な研究や論文でも発表されてきましたが、なかなか普段の食事だけでは摂取することが難しく、それを補うために難消化性デキストリンが開発されました。


トウモロコシのでんぷんから作られた食物繊維で、その安全性は1日の摂取許容量を定める必要がないほど安全だとアメリカの研究機関が発表しています。基本的に多く摂りすぎて悪影響というのは考えにくいということです。


難消化性デキストリンの効果


(1)血糖値上昇抑制

食事をすれば当然血糖値が上がりますし、炭水化物や糖質を大量に食べると血糖値が急上昇して身体への負担は相当大きいものになります。糖が過剰に吸収されるのを防いでくれるということは、同じ食事をしていても、簡単に言えば太りにくくなるということと同義です。ラクスラがダイエットサポート効果を発揮してくれる一つの理由がここにもありました。

ラクスラ



(2)便秘改善効果

難消化性デキストリンは水分をため込む性質があるため、便が固くなるのを抑制してくれます。また、水分が保持されれば便そのものの量やかさが増えるため腸壁を刺激しやすく蠕動運動を助長します。これが整腸作用や便秘に良い影響を与え、女性の悩みの解消に一役買ってくれます。


(3)脂肪吸収抑制

糖分だけでなく脂肪の吸収スピードが大幅に遅くなったという研究結果があります。脂肪と糖の吸収が抑制されればダイエットとしては一番うれしい効果ですよね。ラクスラにはさらに菌のパワーも加わるので素晴らしいです!


(4)内臓脂肪蓄積抑制効果

外からみてもそんなに太っているようには見えなくても、実際の体脂肪率が高い人は内臓脂肪が蓄積されていることが考えられます。相対的な筋肉量不足になるので代謝が落ち、痩せにくい体質になってしまいますから、それが予防できるのはうれしい限りです。

ラクスラ



(5)ミネラル吸収促進

女性に多い貧血など、日本人は鉄分を食事から身体に吸収するのが苦手と言われています。ラクスラにも含まれる難消化性デキストリンでそれらのミネラル摂取が改善されればまさに一石二鳥の効果です。

 

サイトマップ